2019 ロキオリ リトル・ヒル ピノ・ノワール

2019 ロキオリ リトル・ヒル ピノ・ノワール

¥19,000 (税別)

Rochioli Little Hill Pinot Noir

ウエストブロックヴィンヤードのすぐ上に位置する斜面の畑は岩混じりの水掛けの良い土壌。適度に凝縮感のあるアロマ、ブラックチェリーやスパイスのタッチ、複雑な風味と長い余韻が愉しめる至高の1本。(限定品)

ワイナリー


ワイナリー情報

トム・ロキオリの祖父はその昔NY に移住してきた大勢のイタリア系移民のひとりであった。その後西海岸に移り1959 年、息子つまりトムの父であるジョーJr. とともにソーヴィニヨン・ブランとカベルネ・ソーヴィニヨンを植えた。カベルネは熟さずその後70 年代に引き抜いたがソーヴィニヨン・ブランの畑は現在も残り、カリフォルニアで最も樹齢の古いもののひとつとなっている。1968 年に父が当時まだ誰も植えていなかったピノ・ノワールの可能性を見抜き畑を拓いたことにより高品質なブドウ作りへのパッションが高まった。80 年代より近隣ワイナリーにブドウを売り始め、その後ウィリアムズ・セリエムにも供給を開始した。この畑には他にはない素晴らしいブドウが育つと確信したトムは大学卒業後数年間金融ビジネスに携わった後実家に戻り、父に自分達のファミリー・ネームを冠したワインを造ることを提案した。J. ロキオリ・ヴィンヤード&ワイナリーの誕生である。1985 年ピノ・ノワールの初ヴィンテージがすぐさまワイン・スペクテーター誌において、“The Best of American Pinot Noir” に選ばれ周囲を、そしてトム自身を驚かせた。一躍注目の的となったトムはその後妻とともにブルゴーニュを旅した際に訪ねたある素晴らしい造り手のワインに感銘を受け、畑ごと、ワインのクオリティごとに細かくロットを分ける事を学び、この経験は現在も続く固有のテロワールを表現する彼のワイン造りの礎となった。現在も非常に高い人気を誇るロキオリのワインは常に品切れでワイナリーのテイスティングルームでさえ飲めない場合もある。この素晴らしいワインを口にできるのは極わずかの幸運なプロと愛好家だけである。

このワインについて


生産国 USA
地方 カリフォルニア
アペレーション ロシアン・リヴァー・ヴァレー (ソノマ)
ワイナリー ロキオリ
ヴィンテージ 2019
品種 ピノ・ノワール
コルク
容量 750ml
ボトルサイズ 8.5 x 30.5
ケースサイズ 35.5 x 27.0 x 31.5
アルコール度数 14.5%
商品コード RC19LHP
UPC NONE

生産情報


醸造

自社畑 / 発酵: ステンレスタンク 熟成: フレンチオークにて

レビューを書く