2020 レオ・スティーン ドライ・クリーク・ヴァレー ロゼ・オブ・グルナッシュ

New
2020 レオ・スティーン ドライ・クリーク・ヴァレー ロゼ・オブ・グルナッシュ

¥3,900 (税別)

Leo Steen Dry Creek Valley Rose of Grenache

リットン・スプリングス・ディストリクトに位置する岩混じりの赤い火山性土壌の畑に植えられたブドウは有機農法によって栽培される。温暖と冷涼が交互に訪れるこの土地の気候とエーカーあたり2トンというロゼとしては非常識なまでの低収量、野生酵母での発酵等によって生まれる複雑でバランスの良い高品質ロゼ。極少生産。

ワイナリー


ワイナリー情報

料理人だった父の影響を受け、幼い頃からワインと食に造詣が深かったデンマーク人のレオ・ハンセンはコペンハーゲン初のミシュラン星付きレストラン、Kong Hans にてワイン・ディレクターとして勤務していたが、ワインの買い付けのため訪れたカリフォルニアに魅せられ1999 年に移住した。昼はワイナリー、夜はソムリエとして働きながら化学、栽培学、醸造学などを学び、アレキサンダー・ヴァレーで高い評価を得ていたStuhlmuller Vineyards にてワインメーカーとして活躍した後2004年自らのワイナリーを設立、偶然にも彼のミドルネームであり南アフリカにおけるシュナン・ブランの呼び名でもあった"STEEN" にちなんだ名を付けた。ドライ・ファーミングや自根のブドウ畑にこだわり、野生酵母による発酵、新樽を控えアルコール感の穏やかなより自然に近い手造りのスタイルを一貫して磨き上げ、エレガントでフード・フレンドリーな味わい深いシュナン・ブランを少量造る。彼のワインは土地の風土を映し出す新時代の生産者を紹介する著書として大きな話題を呼んだ "The New California Wine" (Jon Bonné 著)にも取り上げられた。カリフォルニア今起きている大きなうねりを感じさせる生産者のひとり。

このワインについて


生産国 USA
地方 カリフォルニア
アペレーション Dry Creek Valley (Sonoma)
ワイナリー レオ・スティーン
ヴィンテージ 2020
ロゼ
品種 Grenache
スクリューキャップ
容量 750ml
ボトルサイズ 8.5 x 29.5
ケースサイズ 34.5 x 26.0 x 30.5
アルコール度数 13.5%
商品コード LS20ROS
UPC NONE

生産情報


醸造

契約畑 / 発酵: ステンレスタンク 熟成: オーク (古樽) にて4ヶ月、ステンレスタンクにて6週間

レビューを書く